本当に北朝鮮が非核化されるかどうかはまだ判らないが、少なくとも「米国と対等な立場で交渉」という北朝鮮の悲願は金王朝3代目にして、そして核ミサイルの開発によって実現された、という事実は記憶されるべき。

国として「力」を持たない限り、交渉のテーブルにすらつけない、対等な話し合いすらできない、という現実を改めて教えてくれる出来事だったと言える。

米朝首脳会談ライブ:日本経済新聞
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/summit2018/

トランプ氏、金正恩政権の体制保証を約束 (写真=ロイター) :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31660840S8A610C1MM8000/

てか、ミサイル実験場の廃止と米韓合同演習の中止くらいしか合意事項がないような。非核化への手順も具体的なものがないし、やっぱり二人のアピールショーに過ぎなかった、としか。





https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000008-mai-soci
<仮想通貨>他人PCで獲得 了解得ず「採掘」初立件(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

高木浩光@自宅の日記 - 懸念されていた濫用がついに始まった刑法19章の2「不正指令電磁的記録に関する罪」
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20180610.html







ネット広告と同じなのに、かたやユーザーに無許可でクソ広告が乱舞してページ閲覧すら鬱陶しい状況が放置され、広告より軽い負荷でページ閲覧にも邪魔にならないマイニングが、警察・検察の恣意的な判断で立件されるやり方は疑問。Winny の頃からクソなやり方が変わってない。

モリカケみたいなどうでも良い話より、こういった国家権力の乱用の方が怖い。






数日前に Twitter 界隈で話題になっていた↑この話は結局↓

“鳥に刺激を与え意図的に飛び立たせている”とTwitterで炎上 総合写真展の受賞作品、サイトの掲載取り下げ(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

総合写真展側がサイト掲載を取り上げたみたいだけど、サイト掲載を取り下げただけで「衆議院議長賞」が撤回されることもなく、それどころか

この行為が虐待にあたるとまでは認識しておらず、行き過ぎはあったが創作行為の範疇と判断していた


ということで、審査する方も眠っている鳥を追い立てる行為をして撮影したのが判っていて、それを創作行為の範疇と見なしていたことが明らかになった。

審査しているプロカメラマンたちも同じことをやってきた、やっているから忌避がなく、「創作行為の範疇」なんて言えるのだろうね。

昔の有名鉄道写真家を追いかけたドキュメンタリーを見たことがあるけど、彼らも結構メチャクチャやっていて、ああいう師匠がいて、弟子は線路際の邪魔モノを刈るため鎌を撮影車に常備し、そしてアマチュアも真似ちゃうんだろうなぁ、と思ったけど、鳥も変わらんのだろうな。






ホントこれ。

ってか、α7 III の高感度写真、本当に凄いな。ISO 51200 や 102400 の等倍画像見ると感心以外の何物でもないねぇ。100-400 みたいな暗いレンズでここまで撮れるとは。そして、これが20万円だからねぇ。




仰天事実発覚!日大第三者委員会は意図的にアメフット専門家を加えなかった(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000001-wordleafs-spo

日大が内田氏解職 人事部長から本部付部長待遇に 理由は公表せず…(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000010-dal-spo

時間が経って風化すればウヤムヤにできるだろう魂胆が誰の目にも明らかだけに、日大幹部が自らの保身のために大学のクズっぷりを晒していくスタイルは徹底してるね。






EX-IC じゃなく、みどりの券売機で EX 特急券を発券しなきゃならない EX 予約で、2分前に駅到着自慢とか怖すぎ。朝とか夕方のタイミングだと、みどりの券売機で並んでる時があるから、それだと即終了でしょ。

ということで、EX-IC 最強。




京極夏彦「ライトノベルの定義は非常に曖昧ですが、現在ラノベと呼ばれているジャンルとは違うものと考えたほうがいいです」「ラノベは、今やラノベです」への反応 - Togetter
https://togetter.com/li/1236466

京極夏彦の言いたいことが判らなくはないけれど、「ライトノベルとラノベの違いはなに?どこで区別つけるの?」ジャンル論になって、そこを明確にせず、言葉の定義を自分の志向に置き換えるのは、おおよそ小説家とは思えないなぁ。

ってか、京極夏彦本人は、携帯電話をケータイと略すことに文句言うてた人だろうに。意味わからん。

結局「ラノベはライトノベルの略」と本来の定義で問題ないし、量産大量消費縮小再生産型の今どきのラノベがどうこう、というのをごちゃ混ぜにしてもロクなことにはならない気が。

本人は「あんなの、俺の書いてるものと一緒にするな」と思ってるのかもしれないけれど、中島梓や京極夏彦をライトノベルにカテゴライズしたことないからなぁ。ライトノベルに入れられてることも多いし、一般小説の中ではライトノベル寄りだと思うけど。(中島梓は特に)

ちなみに、一般小説とライトノベルの区切りがどこにあるのか、については、森博嗣氏の「ビジュアルの公式設定が存在するものがライトノベル」という定義が明快かつ納得して、それを自分の基準にしている。






アウディもポルシェもいなくなって一人になった今年は、さすがに勝ってくれないとねぇ。